戻る
登録会員
  1. ●登録会員の募集について
      2021(令和3)年4月1日から、第4期登録会員を募集しています。
      登録会員になると、会員証の提示によりレッツ中央が契約する各種施設を、割引(協定)料金で利用することができます。
     1 登録の資格

      (1) 区内の中小企業(従業員数300人以下)に勤務する勤労者および事業主の方
      (2) 区内に居住し、区外の中小企業(同上)に勤務する勤労者および事業主の方
     2 登録の手続
       「登録会員申込書兼登録会員カード」に必要事項を記入し、公社窓口に提出してください。
     3 登録料金・会費
       無料
      有効期間
       2024(令和6)年3月末日まで(最長3年間)。
      再登録
       有効期間が満了する1カ月前から再登録の手続きが行えます。希望する場合は、登録会員証を持参して公社窓口でお申し出ください。
     6 登録変更
       次の事項に変更が生じたときは、「登録変更届」を速やかに公社窓口に提出してください。
      (1) 登録会員の氏名・住所
      (2) 事業所の名称・所在地・電話番号
      登録会員証の再発行
       登録会員証を汚損・紛失したときは再発行します。「登録会員証再交付申請書」に必要事項を記入し、公社窓口に提出してください。
     8 登録辞退
       登録会員の資格を失ったときや、それ以外の理由により登録の辞退をするときは、登録会員証を添えて公社窓口にお申し出ください。
     9 登録の取消
       登録会員は、次のいずれかに該当するときは、登録取り消しとなる場合があります。
       (1) 公社が実施する事業について妨げる行為をしたとき。
       (2) 偽り、その他不正の行為により、公社が実施する事業から利益を受けようとしたときまたは受けたとき。
       (3) 「(公財)中央区勤労者サービス公社登録会員規程」に違反し、または信用を失墜させるような行為が行われたとき。

     10 利用施設・方法等 
       ・登録会員と同居家族の方は、公社の指定する施設等を協定料金(割引料金)で利用することができます。
       ・利用の方法は、主に「登録会員証を施設等に呈示」「公社が発行する施設利用補助券を施設等に提出」の2とおりです。
       ・事前に予約が必要な場合もありますので、詳しくは下記一覧表とそれぞれのガイドブック記載頁をご覧ください。
    施 設 名 利用方法 利用料金(割引内容) ガイドブック頁
     レジャー 遊園施設(16施設) 遊園施設利用補助券を提出(補助券は公社窓口で受け取る。) 遊園施設利用補助券を参照 P14~
    遊園施設(2施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P18
    夏季レジャー施設 夏季レジャー施設利用補助券を提出(補助券は公社窓口で受け取る。) 夏季レジャー施設利用補助券を参照 P19
    冬季レジャー施設 冬季レジャー施設利用補助券を提出(補助券は公社窓口で受け取る。) 冬季レジャー施設利用補助券を参照 P19
    温浴施設(3施設)※1 温浴施設利用補助券を提出(補助券は公社窓口で受け取る。) 温浴施設利用補助券を参照 P20
    その他の温浴施設(4施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P21
     トラベル 年間指定宿泊施設(約500施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P22~
    夏季指定宿泊施設 登録会員証を呈示 公社窓口までお問い合わせください。 P31
    冬季指定宿泊施設 登録会員証を呈示 公社窓口までお問い合わせください。 P31
    旅行代理店(7施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P32
    はとバス 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P33
    レンタカー(3施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P34
    ロープウェイ・ケーブルカー(2施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P34
    旅客船(4施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P35
     健康・
       スポーツ
    人間ドック(10施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P36
    ゴルフ場(22施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P40~
    ボウリング場(1施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P43
    乗馬クラブ(1施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の協定料金参照 P43
     生活・
      自己啓発
    カルチャースクール(5施設)※3 ガイドブック記載の利用方法参照 ガイドブック記載の協定料金参照 P45
    割引指定店
       デパート(5施設)
       専門店(20施設)※4
    登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P47~
    各種教室(5施設) 登録会員証を呈示 ガイドブック記載の割引内容参照 P50
     全福センター協定施設 ガイドブック記載の利用方法参照 ガイドブック記載の割引内容参照 P53~
     ※1 「箱根小涌園ユネッサン」を除く。
     ※2 「中央区立総合スポーツセンター」を除く。
     ※3 「エコール・プチピエ・銀座」を除く。
     ※4 「ニチイ学館」を除く。 
  2. ●その他
     中小企業に勤務する区内在勤者又は区内在住者として、レッツ中央の主催事業への参加等を行うことができます。

    主催事業
     サービス公社が主催する事業については、実施のつど、ホームページで公開するほか、「区のおしらせ ちゅうおう」にも掲載しご案内します。

    勤労者生活資金融資あっせん
     サービス公社では、中小企業に勤務する方々に、臨時的に必要な生活資金の融資あっせんをし、指定金融機関が審査のうえ融資を行います。 事前に公社に電話等でご連絡をいただくことにより、指定金融機関で直接お申込みいただけます。 対象者や使途などの詳細は、ガイドブック51ページをご覧ください。
     ※区内中小企業を対象とした融資あっせんは、「中央区商工業融資」(ガイドブックの同ページ)をご覧ください。

    中退共(中小企業退職金共済制度)
     単独では退職金制度をもつことが困難な中小企業に、事業主の相互扶助と国の援助によって退職金制度を設け、中小企業の従業員の福祉増進と雇用安定を図り、中小企業の振興と発展に役立てることを目的として設けられた制度です。詳しくは、公社窓口で配布している案内冊子をご覧になるか、下記へお問い合わせください。
       【問合せ先】  勤労者退職金共済機構 中小企業退職金共済事業本部  ☎03(6907)5333